トップページ > 教育コース認定制度 > 教育コース認定基準・ ガイドライン

教育コース認定基準・ ガイドライン

医学物理教育コース認定基準

 医学物理教育カリキュラムガイドライン 2018年度版に改訂されたことにともない、対象となる医学物理教育コースが医学物理士認定制度施行細則 第9条 別表にある「カテゴリー0:認定医学物理教育コースにおける臨床研修受講実績」の短期臨床研修教育コースが認定申請の対象に加わります。また、これまで「移行措置」としていくつかの認定基準が運用されておりましたが、この認定基準から移行措置に関する記載は削除されました。
 以下の認定基準は2019年度 医学物理教育コース認定審査(2020年度 医学物理教育コース認定)から適用されます。

医学物理教育カリキュラムガイドライン

 医学物理教育カリキュラムガイドライン(以下、「ガイドライン」)は、医学物理士の業務拡充および専門分野の明確化を踏まえ、放射線治療分野だけでなく、放射線診断、核医学の医学物理教育にも講義基準を広げました。これにより、放射線診断、核医学分野の大学院生にも対応できるガイドラインとなりました。また、放射線治療分野に加えて、放射線診断、核医学分野の臨床施設基準と臨床研修についても重要な項目を抽出し、臨床で具有すべき技能および知識を幅広く学修できる内容としました。

旧医学物理教育カリキュラムガイドライン