更新認定に関するFAQ

Question

Q3-1
認定されてから放射線治療分野から外れています。しかし、診断分野で品質管理や学術活動をしてきました。カテゴリーIの医学物理士としての実務実績を業績評価点として申請できますか?
Q3-2
放射線技術系の大学で常勤の教員として勤務しています。まだ、医学物理教育コースとしては機構の認定を受けていませんが、カテゴリーI コードCは適用されますか?
Q3-3
大学病院で医学物理業務を行っています。病院から大学に所属が変更され教員となりましたが業務内容は変わっていません。この場合カテゴリーIはどのように申請すればよいですか?
Q3-4
病気療養、失業によって長期間職場を離れており、所定の業績評価点を満たしていません。認定の延期をしていただくことはできますか?
Q3-5
更新認定に必要な業績評価点を満たしていません。更新認定を受けることはできないのでしょうか?

Answer

3-1
認定されてから放射線治療分野から外れています。しかし、診断分野で品質管理や学術活動をしてきました。カテゴリーIの医学物理士としての実務実績を業績評価点として申請できますか?
回答
医学物理士の業務は放射線治療分野に限定されてはいません。診断分野であっても医学物理に関する業務をされている場合はコードBが適用されます。申請される場合には業務実績報告書および所属長の証明書(様式11)を添えて申請してください。
3-2
放射線技術系の大学で常勤の教員として勤務しています。まだ、医学物理教育コースとしては機構の認定を受けていませんが、カテゴリーI コードCは適用されますか?
回答
医学物理分野の教科を担当されている場合、カテゴリーI コードCの業績評価点を申請できます。申請される場合には業務実績報告書および所属長の証明書(様式11)を添えて申請してください。
3-3
大学病院で医学物理業務を行っています。病院から大学に所属が変更され教員となりましたが業務内容は変わっていません。この場合カテゴリーIはどのように申請すればよいですか?
回答
申請される場合には業務実績報告書および所属長の証明書(様式11)の様式に従って、現在の業務内容を判断して申請してください。
3-4
病気療養、失業によって長期間職場を離れており、所定の業績評価点を満たしていません。認定の延期をしていただくことはできますか?
回答
様式9により認定の有効期限の延長を申請してください。様式9には長期間にわたって業務を継続できない(できなかった)理由、期間を記入してください。また、それらを証明する書類として、医師の診断書、非課税証明証または留学を証明する書類等を提出してください。
(医学物理士認定制度施行細則第7条)
3-5
更新認定に必要な業績評価点を満たしていません。更新認定を受けることはできないのでしょうか?
回答
更新認定に必要な業績評価点を満たしていない場合でも、通常の更新認定申請をしてください。審査によって業績評価点が条件を満たさない場合、2年間の条件付き認定を受けることができます。
条件付き認定を受けた場合、2年後の更新認定時に前回の不足分に24単位を加算した業績評価点以上で5年間の更新認定が認められます。ただし、2回連続での条件付き認定は認められませんのでご注意ください。
なお、いずれの場合も認定審査料として25,000円を申し受けます。
(医学物理士認定制度施行細則第10条)